スポンサーサイト

  • 2018.06.20 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    そうだ、女川に行こう!(我歴ストックin女川駅)

    • 2018.06.20 Wednesday
    • 11:35

    んどぉも、こんにぃづゎ~。

     

    6/17~6/18にかけて女川に行ってまいりました。

     

    うちのバンドのメンバーが女川駅で開催される【我歴ストック】に出るということで

    キャンプのついでに見に行こうかと。

     

    【女川福幸丸・ 我歴ガレキSTOCKについて】

    女川福幸丸とは、宮城県女川町の若者が中心になって立ち上げた団体です。
    きっかけは、2011年3月11日の東日本大震災。
    福幸丸の代表(以下:船長)である佐藤友視、その他のメンバー(以下:クルー)の多くが悲しみに明け暮れ、これから女川はどうなるんだろう?という不安の中、日々を過ごしていました。
    そんなある日、船長の職場のラジオから音楽が流れてきました。
    すると、ピリピリしていたその場が和やかになっていくのを感じました。

    『音楽の力ってすごいんだ!』

    船長は改めて音楽の持つ力の凄さを感じたのです。
    船長はクルーを集め、福幸丸と名付けた団体で、音楽イベントをやることを決意。
    それが女川福幸丸の始まりです。
    2011年10月30日、本当にたくさんの方々にご協力いただき、『我歴stock in onagawa 〜福興編〜』を、開催することができました。

    それ以来毎年、その時々の町の姿を反映させたサブタイトルを掲げて開催しています。
    2011年「復興編」、2012年「奮闘編」、2013年「出航編」、2014年「冒険編」、そして2015年からは船長が2代目へと世代交代し「新時代編」「共鳴編」「奏開編」を開催。
    来場者、アーティスト、そして町民が一体となるようなイベントを目指し、日々奮闘しています。

    イベント名の「我歴STOCK」は、かつてアメリカで行われ、40万人を動員した伝説の野外ロックフェス”ウッドストック”にあやかりました。
    「我歴(ガレキ)」には、震災の津波で破壊された家々や町が瓦礫と呼ばれるのを聞き、「瓦礫ではない。私たちの歴史そのものだ」という思いを込めました。さらに、新たな我らの歴史をこれからストック(積み重ねる)していこうという希望も託して。

     

     

     

    素晴らしい!我歴!

     

     

    そして今回の相棒はコチラ↓

    おおお、カッコイイね~。

    スタイルいいね~。ツーリングセローは!

    そうです、今回は借り物のバイクで往復800キロ越えをしようかとw

    このバイクは柏店のポンコツ大橋先輩ので大事にするあまりバッテリーは上がってるわ

    蜘蛛の巣はってるわ、滅多に乗らないという希少なバイクなのです。

     

    出発の前日、会議が終わってから大橋先輩の家に歩いて行くと

    バイクは準備された形跡なし。

    エンジンかかるよね~?

    そしてキーを入れ回す。。。

    うんともすんともしない。。。

    おしがけ?

    少しやったけどめんどくさい。。。

     

    まじかよ!少しテンパってしまい思考が停止する。

     

    車で行く?車の気分じゃないよ!

    クロスカブちゃんで行く?

    そしたら全部下道だよ!

    Dトラで行く?

    タイヤ終わってるよ!

     

    そして出た答えが

    ちゃんと充電してツーリングセローで行く。

     

    すぐに家まで押して帰り(歩いて2分ぐらい)

    充電開始!

    風呂入ってパッキングの最終確認し就寝。

    そしてアッという間に起きる時間。。。

    眠いけどワクワクしすぎて楽しすぎる!

     

    朝の4時からバッテリー装着したりパッキングしたり

    無事に完了したのが4時40分!

    いい調子だね~

    そして予定通り5時に出発出来たのでした。

     

    このセローは少しだけ乗ったことあるので不安は全くない。

    足付きの良さ、加速、トルク、装備等、何の問題もない。

     

    調快適で常磐道を爆走していると

    ふと、考えてみた。

    これ、女川駅に10:30着くかな~

    うちのギターが出演するバンドは10:50分ぐらいから。

    まあ間に合わなくてもいっか!とは思ってたけど

    走れば走るほど遠くに感じるw

     

    2年前に経験した福島県の常磐道ではガス欠になりそうになり一旦降りてガソスタを探し回るという経験をしているので

    今回は大丈夫かな~と。セローは300キロぐらいは走るだろうと勝手に思い込んでいたが

    流山で給油しトリップは200キロ

    そろそろ魔の給油ポイントがない福島の常磐道。

     

    ガソリンマークがつく。。。。。。。

     

    まじかよ!えー!またかよ!

     

    次のスタンドまで80キロ以上。。。

     

    だめだ、一旦降りよう。。。

     

    ガソスタって何時からやってんだろう。。。

     

    必死で探すも全部閉まってる。。。

     

    携行缶は持ってた方がいいなと再確認!

     

    そしてやっと見つけて給油したが40分ぐらいロス。

     

    いや~今回もガス欠という超不安モードになるとは。。。

    次は対策しよう!

     

    そしてモザイクがかかるほどのスピードで爆走。

     

    全然間に合わない。

     

    どう考えても間に合わない。

     

    高速降りた時には出番終わっていたw

     

    もう時間縛りから解放され海を見ながらゆっくり女川駅に到着!

    凄く綺麗な駅です。

    しかもお風呂?温泉?があり駅とは思えない。

     

    そして駅の目の前がこんな感じ↓

    凄く賑わっているし、先の方はちょっとしたショッピングや食事するところがある。

    しかも今風のオシャレな造り。

    この場所も何メートルか嵩上げしているようです。

    道もどんどん作っており街並みはキレイそのもの。

    キレイ、オシャレ、そんな印象を受けました。

     

    そして飯食っていなかったのでホヤのパスタを食べる。

    ホヤって食べたことなかったが貝柱みたいな感じなのね。

     

    どの場所でもなじめない私たちは駐車場で遊ぶ。

    さて、14時過ぎたしキャンプ場に向かおうかと思ったが

    先に予約した方がいいんじゃないか?

    そもそも営業してなかったらどうすんだ?

    と、言われ電話で確認してみる。

     

    おしか家族旅行村オートキャンプ場というところに行こうと思っていて

    っていうか近くになくて…

     

    電話をかけると、申し訳なさそうに前日までの予約じゃないと泊まれないと。。。

    俺はそういうの嫌い。

    オートキャンプ場だから仕方ないが、俺のスタイルではない。

    前日に予約して違うとこ行きたくなったらキャンプ場に迷惑かけるし

    当日行きたいとこに行きたいじゃん?

    もし予約していた地域が雨模様で

    ちょっと方角変えれば曇り晴れだったら

    まちがいなく晴れの方に行くでしょう!

     

    そして次の日の事も考えて南の方角でキャンプ場を探すが

    なかなかないんだな~

    山の方に入るとあるけど天気が不安定で…

    たまには設備の整ったキャンプ場にしてみようと考え

    仙台市にある水の森公園キャンプ場に決めた。

    ここは市がやってるらしく料金がめちゃ安!!

    一泊500円。

    しかしデイキャンパー16時までらしく凄く混雑している。

    キャンパーは16:30にならないとサイトに入れないので

    時間まで近くで買い出し。

     

    そして薪も一束300円!安い!

     

    呑みながら設営↓

    回数こなすと設営やパッキングが早くコンパクトになるね~

    朝早かったし今日で480キロ走ったから眠い。。。

     

    呑みながら焚火の準備↓

    フェザースティックも見栄えなんて関係ないね。

    火が付きやすくなればいいんだ。

    そこで重要なのはコレ↓

    あさひも。

    入れ物は100均。

    ほどいてファイヤースターターで着火。

    火が付いた瞬間は嬉しいんだよね~

    まあ煙草吸いながらやってるんだけどねw

    このあと睡魔に勝てず寝てしまい飯食って21時には寝てしまいましたw

    早朝起きて色々やろうと思っていたが起きたのが7時!

    どんだけ寝たんだろう…

    焚火でコーヒー飲んで撤収。

    9時前には出発しダラダラ帰りましたとさ。

     

     

     

    今回、復興具合も見たいということで行ってきたわけだが

    新しい家や施設、道もどんどん新しくなっていた。

    良いか悪いかはわからないが、街並みとして温かさが少なくなっているような気がする。

    昔の女川の風景とはまったく違うかもしれないが…

    個人的には新しいものが増えていくことがあまり好きではない。

    住みよい街ランキングで上位にきている街はどこもかしこも同じに見えてしまうからだ。

    建売の同じ家が何件も連なっていて

    駐車場にはミニバン。

    おまけ程度の公園。

    綺麗にするのはもちろん良いことだが何か違うんじゃないかな~と。

    このままではどこに行っても同じ風景になってしまいそうで。

    土地の地名には意味があるし全部が同じモデルになってしまっては意味がないんじゃないかと。

    そう感じながら走っていました。

    復興とは大変難しいことなんだと実感出来たし今回のキャンプツーリングは大変意味のあるものだった!

     

     

     

    ちなみに帰りはもうお尻が限界で気合で帰りましたw

     

     

    しかも福嶋のサービスエリアでばったり遭遇。

    記念に写真を撮り

    無事に帰宅。

    洗車しガソリン満タンにして大橋先輩に返却。

     

    とても良いバイクだったと伝え9月に青森、北海道の約束を無理やりして

    めでたしめでたし。

     

     

     

     

     ※一緒にキャンプツーリングに行きたいという人を募集します。

    詳しくはお店に電話を。
    *****************************
    総合リユースショップ

    愛品倶楽部 流山店 担当:平間

    千葉県流山市三輪野山4-18-24

    0120-59-1264
    *****************************
     私は仕事も遊びも楽しみたいんです。

    一生懸命働いて、一生懸命遊ぶ。

    そして理念である、もったいないを大切に環境を守る。

    だから

    ポイ捨てする邪道は家から出るな、遊ぶな。
    *****************************
    【愛品倶楽部 流山店】総合リユース&リサイクルショップ

    【営業時間】9:00〜19:00(持込買取受付も同時間)

    【店休日】1月1日・2月〜11月第3木曜日・12月31日

    【所在地】千葉県流山市三輪野山4-18-24

    ※駐車場ありますがフルサイズのアメ車だと少しハミ出ます。
    ※アメ車でお越しの場合は良い感じに駐車お願いします。

    *****************************